テサラン デメリット 効かない 調べた

テサラン デメリット/制汗効果で残念な3つの理由

テサラン デメリット

テサランの制汗効果には残念なデメリットもあります。

テサラン購入者の目的は、手を常にサラサラ状態にして、握手や彼氏彼女と手をつなぐ時なども手汗のことを全く気にしない生活を手に入れたいと考えている人が多いようです。

購入前に知っておくべきデメリットを紹介します。

テサランの詳しい情報はこちら

⇒参考記事:テサラン 口コミ

テサランの持続性は期待以下

テサラン制汗効果の持続性は最大72時間です。

ただし、各レビューでは半日も経つとまた汗を感じるという声が少なくありません。

72時間はあくまでも最大効果ですし、手汗レベル3の私だと5,6時間が実感です。

テサランは塗り直しが面倒

テサランは朝に塗ると昼過ぎには効果が弱くなっています。

そんな時には塗り直しが必要なのですが、これが結構面倒です。

手のひらの水分を完全に拭き取った後でないと十分な効果が発揮されません。

ですので、塗り直し用にタオルやハンカチなどを常に持っておく必要があります。

完全には汗を止められない

テサランを使うと手汗を完全に止める事ができるというのは勘違いです。

汗の量を抑える事はできますが、止める事はできません。

もし、完全に汗を止めてしまうと逆に肌荒れの原因になるからです。

テサラン デメリット/手汗には効果なし

テサラン 効果

テサランは売れている制汗クリームですし、評価が高いので効かないといった口コミや怪しい内容よりもメリットだけを信じて購入してしまう人がほとんどです。

しかし、全ての人が効果を実感できている訳ではありません。

中には効かない、効果なし、匂いが気になる人もいます。

ですので参考までにテサランの手汗への効果だけでなく、知っておいた方がいいデメリットも紹介します。

テサラン デメリット/即効性の効果はない

テサラン 即効性

テサランは人気商品ですが、手汗に効かないという意見もあります。

主に即効性に不満を持っているようです。

特に緊張や緊迫した場面で即効性を求めて使いたい気持ちもわかります。

しかし、テサランは塩化アルミニウムなどのような即効性はあっても肌に刺激のある成分は使用されていません。

毎日使い続ける事で、少しずつ汗の量を減らし、汗をかきにくくする作用のある制汗剤です。

コツは手汗が出ていない状態で使用することで、精神性発汗や多汗症にも効果的な事がわかっています。

テサラン デメリット/持続性の効果はない

テサラン 持続性

テサランは涼しい温度、手に水が触れない状態で72時間の持続性があります。

でも、そんな調整をする事は不可能です。

トイレに行ったら手を洗いますし、水仕事だってあります。

発汗量は状況や人によっても変わりますが、テサランの持続性は平均6時間ほどです。

ただし、継続して使い続ける事で少しずつ体質改善され、発汗量は減っていくようです。

ですので使い始めの時には1日2回ほど塗り直しが必要だと思いますが、私を含め、半年くらい使っていると塗り直しの回数も減っていきます。

合う合わないはあると思いますが、効果が出るまで半年ほど使い続けるとテサランの使用量も減ってコスパも良くなります。

テサランは使い続けても手荒れの心配がないので安心です。

テサラン デメリット/効果のまとめ

テサラン デメリット まとめ

以上、テサランは全ての人に効果的ではないことがわかりました。

しかし、依然として満足度が高いのは1年間の全額返金保証があるからです。

この保証があれば、たとえレベル3の重度の手汗でも足の汗や脇汗や汗疱への効果を試す事ができます。

まずは自分に合うかどうかを試してみましょう。

全額保証付きで試したい人はテサラン 公式 からチェックできます。

テサラン 口コミ 実際 水 評判
タイトルとURLをコピーしました